あなたは今、分かれ道にいます。

選択肢1

・今のまま、むせに悩まされ、誤嚥リスクに怯えてながら過ごすのか。

 

選択肢2

・完全側臥位法のアドバイスを受けて、むせずに食べられる可能性を知る。

・ 誤嚥性肺炎を予防する6つの場面での対処方法を知る。

・喉の構造をしっかり理解し、口から食べることと唾液誤嚥予防を学ぶ。

・どなたでも全員が口から食べたり、唾液誤嚥ができるとは限りませんが、その理由が分かると心の準備ができます。

どちらを選択するかは、あなた次第です。

 

どちらの道を選びますか?

私は、「完全側臥位アドバイザー」の前田悟です。

介護分野で姿勢を変えるだけで、

  • 口から食べることができる
  • 唾液によるむせや咳込みをなくす

方法をお伝えしています。

  1. むせずに、口から食べる方法
  2. 口から食べられる可能性があるか知る方法
  3. 風邪をひいたときにこそ、誤嚥性肺炎の予防が必要
  4. 誤嚥できない「完全側臥位」の解説

などのビデオを見たくないですか?

下記フォームから、メール登録していただくと、

誰もが簡単に「むせずに口から食べられ、唾液誤嚥を予防できる」情報をお届いたします。

 

 

メモ: * は入力必須項目です

あなたとご家族のために、唾液をコントロールする誤嚥予防方法があります。

 

のどが水平に保たれると、重力によって喉に溜まっている飲食物は気管に入ることはできない。

誤嚥しない安全な場所にたくさん貯められます。

 

 

 

口から食べられないことですか?

唾液でむせて食べるのが辛いことですか?

 

完全側臥位を試してみたいけど、怖いことですか?

周りに完全側臥位を知っている人がいないことですか?

もっと具体的に完全側臥位を知りたいことですか?

ご家族が口から食べられるか、知りたいことですか?

 

1、「完全側臥位アドバイザー」が、自習の手助けをいたします。

・嚥下障害と誤嚥性肺炎のチェックシートを使って、セルフチェック。

・完全側臥位を理解するための5つの動画による学習

  1. 嚥下の仕組み
  2. 誤嚥できないのど内部の仕組み
  3. 誤嚥できない「完全側臥位」の解説
  4. むせずに、口から食べる方法
  5. 風邪をひいたときにこそ、誤嚥性肺炎の予防が必要

・メールで相談を受けたり、情報をお伝えしあなたをサポートいたします。

 

2、【誤嚥性肺炎予防・口から食べる】オンライン研修に参加

なぜ完全側臥位なるとむせずに食べられることができるのか。

誤嚥性肺炎の大半を占めるむせない誤嚥(不顕性誤嚥)の仕組みを伝えます。

食べることと誤嚥予防を両立できなければ、誤嚥性肺炎は繰り返します。

口から食べて人生の喜びを噛み締めて人生を全うする考え方をお伝えします。

 

オンライン研修は、参加者に応じて適宜内容を変更して、参加者に必要な知識と情報を伝えます。

また、わかる範囲ではございますが、質問や相談も時間の許す限りお答えいたします。

研修内容の一例

・嚥下の仕組みを知る 

・どのような時、口から食べることを禁止されるのか

・仰臥位と完全側臥位での喉内部の比較 

・内視鏡動画で色々な嚥下を見る 

・透明咽頭モデル「トラピス」で、のどの立体構造を理解 

・風邪など日常生活で気を付ける

 

 

誤嚥性肺炎の多くを占める不顕性誤嚥は唾液によるものです。

発熱予防には、口から出た唾液がどのようにして肺に入るか仕組みが分かれば防ぐ方法がわかる。

 

1980年代後半から30年余り、のどの断面図や内視鏡画像などで安全に飲み込むために、誤嚥の仕組みを学習してきました。その間に検査機器の進化、嚥下治療の研究など進んできました。

 

のどの立体構造に着目した研究の成果は、最新の嚥下治療「完全側臥位法」として成果を上げています。

口から食べられないと診断された方の67割の方が食べられています。

完全側臥位では、のどに溜めたものをむせさせないで食べることが可能です。そして、唾液を口から出すことも可能です。

 

誤嚥予防と口から食べるに特化した研修

口から食べることを禁止された方の6~7割の方が、完全側臥位をとれば食べられています。

完全側臥位法では、食べることと同時に唾液誤嚥予防を重要視しています。

せっかく食べれそうになったのに、唾液誤嚥のために誤嚥性肺炎を再発することが多くあります。

 

ご家族が唾液で苦しんでいませんか。

  • むせがひどくて寝られない。
  • 吸引してもすぐに、のどがゴロゴロなる。

むせがひどくて食べられない。

  • 胃ろうはさせたくない。
  • 本人の意識もしっかりしているから、口から食べられるのではないか。
  • 体重の減少が気になる。

もう死を覚悟しなければ、

看取りを受け入れなければと

考えたことはありませんか。

のど姿勢を変えるだけで、奇跡がおこっています

急性期病院で入院中

パーキンソン病で、首が後屈しいつも口が開いている。

体重が減り、もう危ないのではと。

写真の姿勢で口から、水、ゼリーを入れられ

むせたので口から食べられないと告げられた。

完全側臥位で嚥下治療

奇跡の回復


● 唾液誤嚥の仕組みを解説

 

喉の内部を見えるようにした生体モデル(トラピス)で説明します。

知っているようで知らないことに、胃につながる食道は普段閉じています。喉に溜まった唾液すら食道に流れません。

仰向けで寝ていると口から唾液は、喉に流れていき気管の入り口周辺に少ししかたまりません。その量を超えると気管に流れ込み、むせなければ誤嚥します。

唾液の他にも鼻水も体温と同じでむせと嚥下の感覚を鈍らせむせない誤嚥の原因になります。

むせない誤嚥の予防方法は、唾液や鼻汁を肺に入れないようにすることです。

あおむけで寝ているのど内部の様子
あおむけで寝ているのど内部の様子

横向き(完全側臥位)になると、下のように気管の入り口(声門)より低い所に1520cc貯まります。この状態から、枕を低くし、口元を下向きにすると喉に溜まっている唾液や鼻汁は肺から遠ざかるように口に向かい頬に溜まる量を超えると口から流れ出します。 

完全側臥位では声門より低い位置に唾液や鼻水は溜まる
完全側臥位では声門より低い位置に唾液や鼻水は溜まる
仰臥位では重力により肺に向かうが、完全側臥位では、重力に逆らって唾液や鼻水が肺に向かうことができない。
仰臥位では重力により肺に向かうが、完全側臥位では、重力に逆らって唾液や鼻水が肺に向かうことができない。

気管の入り口より上で、

3cc程しか溜まらない。

むせや誤嚥のリスクが高い。

気管の入り口より下で、

20cc程溜まる。

むせや誤嚥のリスクが低い。

 

在宅療養者の発熱予防に本研修を利用される方には、特別に 1000円引きのクーポンを差し上げます。

クーポン番号 967

支払い時にクーポン番号 967 を記入してください。

自宅などインターネット環境であれば自宅などどこででも受講できます。

都合のいい日と時間を選んでください。

 

内容:

参加者のご家族の様子を教えてください。
・唾液を知る 
・どのような時に唾液誤嚥が起こるか 
・のどの立体構造を知ろう 
・唾液誤嚥しにくいのど姿勢とは
・唾液誤嚥できないのど姿勢とは 
・唾液誤嚥しにくい姿勢調整

参加人数によって、最大30分延長になることがあります。 


椅子に座って、食べていた。

背中を倒して、食べていた。

そんな時に、むせがひどくなったら、

うどんやラーメンをすする時の前かがみになって食べてみてください。

さらに、むせが気になると完全側臥位で口から食べられる可能性があります。

 

  1. 個人参加で受講    指定日時に参加   
  2. 複数人で受講     施設や事業所などの日時で提供

仰向けで、咳込みが気になる時。

仰向け防止クッションで、側臥位を保つ。

 

回復体位で唾液を口から出す。

 

 

Zoom研修の提供方法


研修内容

  • 日本は誤嚥大国
  • 嚥下の仕組み
  • 飲み込みやすさ飲み込みにくさの体験
  • 安全に食べられる理由
  • 喉の中を見るVE(嚥下内視鏡)
  • VE(嚥下内視鏡)で誤嚥の瞬間を見る、むせない喉の危険をみる 
  • 悩み相談から見える  悲しい現実、知らない現実
  • 日常生活で気を付けること
  • 奇跡の回復例
  • 2×4モデル 嚥下治療に役だつ
  • 色々なVE読影
  • どのような症状の方が完全側臥位に有効か
  • 風邪、インフルエンザ、体調を崩している時に誤嚥性肺炎が起こりやすい
  • 入院中に誤嚥性肺炎が繰り返されることがある
  • 姿勢調整の体験
  • 口から食べる体験

以上の中から選択していただきます。掲載していないメニューも多くそろえています。

相談により追加内容も検討いたします。

 

 使用する写真や動画の一部をご紹介いたします。

喉姿勢から考える「唾液誤嚥予防姿勢」は、60回以上の誤嚥予防研修や展示会、学会展示などで、医師、歯科医師、看護師、言語聴覚士、介護職員、ご家族のほとんどの方が目からうろこと言われました。

なぜ目から鱗なのか、それは教科書に載っていないからです。なぜ載っていないかを問うより、普遍的なのどの内部構造を知ってしまうと逆らえないからです。

今まで知らなかったと、知ったらすぐに始められます。

より多くの方に知っていただくために、Zoomを利用することにいたしました。

唾液誤嚥予防研修申し込み

申込日を決めてください

毎週水曜日に、Zoom唾液誤嚥予防研修を行います。

希望する水曜日と時間を記入の上送信してください。

次に、クレジットカードによる料金の支払いをお願いいたします。

 

メモ: * は入力必須項目です

Zoom唾液誤嚥予防研修

¥4,000


~唾液誤嚥から守る回復体位のすすめ~横になることで誤嚥性肺炎を予防しよう

入院中の1~2か月間に完全側臥位頸部前屈でしっかり口から食べる訓練をしながら、栄養を取ってください。

この入院期間中にふたこぶラックンをレンタルいたします。枕は介護保険でのレンタル対象品目ではありません。 

一般のレンタル扱いになります。

レンタル代1500円(税込み)

マジックテープ付きタオルは買取になります。

洗濯対応タオル1枚150円(税込み)

消毒対応タオル1枚550円(税込み)

退院後もふたこぶラックンを使用したい場合は、レンタル品の買取も可能です。

買取金額は、3000円(税込み)です。

レンタル品は、新品ではないです。返却後、消毒をして保管しております。

本体購入は、梱包は80サイズになり、

送料は全国どこでもは税込み1000円。定形外郵便での発送です。

 

レンタル申し込みは、本体申込とタオルの申し込みをしてください。

よろしくお願いいたします。

ふたこぶラックン専用タオル

ふたこぶラックン専用タオルは、

洗濯対応タオル(ピンクまたはクリーム)150円のどちらかを送ります。

消毒対応タオル 700円になります。

¥150

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

あなたの悩みが一つでもあれば、

研修を受ける価値はあります。

対象者

  • 在宅介護をされているご家族
  • 入院中のご家族

 


種類

  1. 誤嚥性肺炎と口から食べるオンライン姿勢研修~完全側臥位入門
  2. 唾液誤嚥予防Zoom研修

Zoom研修の種類

あなたの悩みが一つでもあれば、

研修を受ける価値はあります。

対象者

  • 在宅介護をされているご家族
  • 入院中のご家族
  • 介護職員