誤嚥とは 誤嚥性肺炎とは

   誤嚥とは、「食べたり飲んだりしようとしたときに,飲食物が誤って食道ではなく気管に入ってしまうことです。飲食物を飲み込む力が弱かったり,飲み込む神経の働きが悪かったりすると起こりやすいのです。飲食物が気管に入ると激しくむせるのは,それを押し出そうとするからです。飲食物だけでなく唾液(だえき)が気管に入る場合もあります。口から肺に細菌が入ることで病気を引き起こすきっかけにもなります」

 誤嚥性肺炎とは、「飲食物や唾液が食道ではなく気管に入ってしまったときに,口の中にあった細菌が気管や肺に流れ込んで起きる肺炎のことです」

                                                           「病院の言葉」を分かりやすくする提案より引用

誤嚥したからといって必ず肺炎になるわけではありません

   誤嚥したからといって必ず肺炎になるわけではありません。誤嚥で肺炎になるかどうかは、誤嚥物と体の抵抗力のバランスで決まります。誤嚥物の量・ 内容、抵抗には咳の強さ・全身の体力・免疫力があります。つまり、誤嚥物が少量であったり、肺に対して低刺激であったりした場合には、肺炎にはなりません。多量に刺激となるものを誤嚥しても、咳払いができて抵抗力があれば肺炎にはなりません。反対に、誤嚥物が不潔であったり、抵抗力がなかったりした場合には、肺炎になります。

 

 摂食嚥下障害者や高齢者は誤嚥と誤嚥性肺炎のリスクが高まります。

ご家族に以下のような症状があったときは、摂食嚥下障害の可能性があります。

 

摂食嚥下障害チェックリスト

  • 食事中によくむせる
  • 飲み込むのに苦労することがある
  • 飲み込んだ後も、口の中に食物が残っている
  • 固いものがかみにくくなった
  • 食事の後、がらがら声になる
  • よく咳をする(夜間、咳込むことがある)
  • 食べる量が減った
  • 体重が減った(1ヶ月で5%以上、半年で10%以上)
  • 舌に白い苔のようなものがついている


誤嚥性肺炎の典型的な症状

  • 発熱
  • 激しい咳と汚い痰(黄色いタン)が出る 
  • 呼吸が苦しい
  • 肺に雑音がある  

いつ誤嚥性肺炎が起こるのか

飲食物や胃食道逆流物などが誤嚥によって肺に入ってしまい、細菌が繁殖して炎症を起こすのが誤嚥性肺炎です。
高齢者のかかる肺炎は、誤嚥性肺炎が多いと考えられ、次の4つの場面で誤嚥が起こりやすいと言われています。

  1. 食事中に飲食物を誤嚥する。
  2. 喉頭に残った飲食物が食後に誤嚥する。
  3. 口の中で繁殖した細菌が唾液などの分泌物と一緒に誤嚥する。
  4. 夜間睡眠中に、胃食道逆流により胃内容物を誤嚥する。

誤嚥性肺炎になる3つの原因

1. 口の中の細菌が、食事以外の時(睡眠中など)に唾液と一緒に本人や周囲が気付かないで誤嚥する。(不顕性誤嚥)

2.食後や夜間睡眠中に胃や食道からの逆流物を誤嚥する。(胃物逆流誤嚥)

3.食事中に飲食物を誤嚥する。(顕性誤嚥)

誤嚥性肺炎の予防方法

1.不顕性誤嚥の予防

  • 口の中を清潔に保ち、歯磨きの徹底
  • 舌のクリーニング
  • うがい
  • 歯の手入れ、
  • 虫歯や歯周病の治療をして口の中の細菌を繁殖させないこと
  • 側臥位での就寝

2.胃物逆流誤嚥の予防

  • 食後2時間ほど椅子に座って身体を起こす。
  • できなければ、ベッドまたはリクライニング車椅子をリクライニング15~20度にして、頭部を少し前屈
  • 就寝時に頭位を高く保つ

3.顕性誤嚥の予防

3-1 嚥下反射の改善

 嚥下しやすくするために、食事前に舌を動かす体操、首を動かす体操を行う。歌を歌ったり発声訓練をして、嚥下に使う筋肉を鍛える。

3-2 食事内容の配慮

・咀嚼に問題がある場合

 食材をきざむ、軟らかく煮る、押しつぶすなどしておく。

・噛んだ物を飲み込みやすい塊にできない場合

 きざんだ物はむせ易くなるため、一口大に切る、軟らかくする、とろみをつける

・飲み込むときに問題がある場合

 固形物でむせる場合は、軟らかくしたり、とろみをつける。

 水でむせる場合は、お茶やスープにもとろみをつける。

3ー3 食事姿勢の配慮

 椅子に座った状態では、食事の際は前かがみの姿勢をとる。(頚部前屈

 ベッド上では、枕を高くしてあごを引くなど。

誤嚥が起こる場所の名称と役割

 気管の入り口周辺の名称と役割は

・気管の入り口 肺につながる気管で、声門(声を出す部位で飲み込む瞬間に閉じる)がある。

・喉頭蓋(こうとうがい)  食物が気管に入らないように閉じる蓋。普段は鼻や口からの空気が入るように開いている。

・食道の入り口 胃につながる食道は、気管の左右に入り口がある。普段は封筒の口のようにぴったりくっついて閉じているが食物が入るときに、のど仏が上がると同時に引き上げられ食道の入り口が開く。


誤嚥の危険性がある写真


左写真は座った状態(在位) でヨーグルトを食べている時の気管 の入り口周辺の動画の一場面です。

気管の入り口の蓋(喉頭蓋)周りにヨーグルトが溜まっており、いくらかは蓋を越えています。

このままでは誤嚥になってもおかしくない状態です。

 


では実際に誤嚥の危険性がある内視鏡動画をみましょう。

ヨーグルトが飲み込めずに気管の入り口周辺に溜まっているのがわかります。

誤嚥予防として、姿勢調整を行います。

 


食事中の咳き込みやむせが気になったり、多くなったときは嚥下を診察できる専門医がいる病院(リハビリ科、耳鼻咽喉科、神経内科、歯科、嚥下外来)で受診してください。

 

食事中の咳き込みやむせは誤嚥の危険信号です。

 


 

完全側臥位支援クッションはこちらをクリック

完全側臥位法を実践されている福村直毅先生が

一般の方にも分かるように、具体例を上げながら解説するブログ

 福村直毅の「楽に食べよう~完全側臥位法のすすめ」はこちらをクリック

誤嚥予防介護枕・誤嚥予防介護クッションの通販

株式会社 甲南医療器研究所

〒653-0032

兵庫県神戸市長田区苅藻通2-7-6

TEL 078-651-3819

FAX 078-330-1132 FAX番号変わりました。

E-mail:info@easyswallow.jp