安楽な呼吸姿勢を保つ シムス位ピロー

集中治療室で、人工呼吸器使用時にとるシムス姿勢(前傾側臥位)を簡便に、安定して調整できます。クッション部分につながったシートを身体の下に敷くことにより、クッションがずれにくく体幹が安定します。体位変換時の側臥位クッションとして利用できます。
        シムス姿勢(前傾側臥位)
集中治療室で、人工呼吸器使用時にとるシムス姿勢(前傾側臥位)を簡便に、安定して調整できるクッション。クッション部分につながったシートを身体の下に敷くことにより、クッションがずれにくく体幹が安定します。体位変換時の側臥位クッションとして利用できます。

集中治療室等(ICU,HCU)では なぜシムス位

 

人工呼吸管理中の酸素効率が有利なことから、腹臥位が推奨されていますが、皮膚の発赤、顔面の浮腫、酸素消費量増大などの合併症が報告されています。また、気管挿入中であったり、動脈ライン、中心静脈ライン、ドレーンの挿入や薬剤投与中であったり腹臥位に伴うリスクがあります。

 

さらに、上記環境下でのポジショニングは繊細に実施しなければならなく、姿勢調整におけるマンパワーを考えると前傾側臥位が有利だと言われています。

 

前傾側臥位(シムス位)が増えています。

 

そこで、腹臥位と側臥位の中間になる前傾側臥位を行う頻度が増えています。シムス位ピローは、人工呼吸器装着時の姿勢管理を容易にする目的で呼吸理学療法のスペシャリストと共同開発し、以下の特徴があります。

・上腕から下肢まで一体化したクッション。

・クッションが身体から離れない自重シート。

・大粒ビーズがフィットし体幹を安定させる。

・クッションを押さえて、高さ調整ができる。

体位調整のしやすさ

クッション数の減少

圧迫痕が生じない

次亜塩素酸消毒できる。

 


シムス位ピロー使用アンケート結果

集中治療室で、人工呼吸器使用時にとるシムス姿勢(前傾側臥位)を簡便に、安定して調整できます。クッション部分につながったシートを身体の下に敷くことにより、クッションがずれにくく体幹が安定します。体位変換時の側臥位クッションとして利用できます。
        シムス姿勢(前傾側臥位)

ICU(Intensive Care Unit)10床、 HCU(High Care Unit) 10床を有する 高度救命救急センターで、人工呼吸器を使用している患者様に、シムス位ピローを3か月使用していただきました。

体位調整を行った看護師27名に、

【体幹の安定性】 【簡便性】 【従来の方法と比較して】 【側臥位用クッションとして使用されたか】 のアンケートに協力していただきました。使用感についてのコメントを使用後の声としていただきました。

 

体幹の安定性について

  • 体幹は安定していましたか
  • クッションはずれましたか
  • 自重シートの長さは十分でしたか
  • 自重シートによる圧迫痕はありましたか
  • 自重シートに対して患者様は違和感がありましたか

簡便性について

  • シムス姿勢を調整するとき、シムス位ピローは扱いやすかったですか
  • 自重シートを体幹の下に入れやすかったですか

従来の方法と比較して

  • 前傾側臥位(シムス姿勢)では、現在いくつのクッションを使用していますか

側臥位用クッションとして使用されましたか

  • 側臥位用クッションとして使用されましたか

 

上記アンケート結果を円グラフにしました。

急性期病院で人工呼吸器を使用している患者様に、シムス位ピローを3か月使用していただき、 体位調整を行った看護師から、 体幹の安定性、簡便性、従来の方法と比較して、側臥位用クッションとして使用されたかのアンケート結果。
                         急性期病院の集中治療室での使用評価

シムス位ピロー使用後の声

 

現在使用しているクッションとシムス位ピローを比べて、

良い点

l  ずれなかった

l  クッションをたくさん用いなくてもよい

l  ずれにくい

l  滑りにくかった

l  長さがちょうどよかった

l  すべりにくい、固さがしっかりしている

l  フィットしやすい

l  高さがある、体重でへたりにくい

悪い点

l  長さが短いので下肢までいかない

l  高さが高い

l  少し固めで、足はもう一つ別クッションが必要

l  特になし

 

シムス位ピローを側臥位で使用した患者

l  JCSⅢ群

l  体位変換の必要な患者

l  体位ドレナージでなくても使用した

l  無気肺のある患者

l  自己による除圧困難な患者


 

他施設でのシムス位ピロー使用感想

  • 第3頚髄損傷患者に使用。人工呼吸器装着中
  • ピローの長さが120mmあるので、大柄な方(170cm)にも十分使用できた。
  • 連結したピローなので、ズレ等がなく使いやすい。
  • 体位変換直後は、胸部などに圧迫感があるので圧抜きをする必要あり。
  • この枕で体位変換がスムーズに可能になるというわけではないので、マンパワーはかかってしまう。ただ、連結したクッションであり、自重シートもあるため、介助量は軽減されていると思う。
  • 体の大きい人(170cm、60kg)だと、もう少しピローに厚みがあると、より胸郭が開くかも。

 

アンケート結果より、長さを1400mmに変更いたしました。



上腕・胸部・腰部・下肢を保持

シムス位ピローは、長さが1400mmあり、シムス位姿勢に必要な上腕・胸部・腰部・下肢を支えることができます。

腋の下等の隙間が気になるところは、バスタオル等で埋めてください。

身長の高い方などは、足にクッション等を入れてください。

 

流動しにくい直径4~6mmの大粒ビーズを使用することにより体幹が安定しています。



クッションがずれにくい

 

自重シート(巾300mm長さ1400mmの生地部分)に体の一部が乗ると体幹が動いても、クッション部分が自重により押さえつけられるため、クッション自体が動きにくくなります。




シムス位としての使用方法

自重シートをベッド中央に置く。

自重シートの半分ぐらいに身体がかかるように、仰向けにしてください。

肩と腰を持ち身体をクッション側に引き寄せ、シムス姿勢を調整する。


タオルなどをクッションとマットレスの間に差し込みと高さを調整できます。

クッション部を押しながら、ビーズを移動させると、高さが下がります。


クッションと身体の隙間が気になるときは、バスタオル等で埋めてください。

側臥位としての使用方法

自重シートをベッド中央に置く。

自重シートの半分ぐらいを体の下に入れておく。

体をクッション側に引き寄せ、身体の曲線に沿ってクッション部をそわす。クッションの当て方により、60~90度の傾斜を変えれます。



シムス位ピローの仕様

サ   イ   ズ

巾クッション部300mm / 自重シート300×長さ1400×高さ150mm

 材  質 外袋

布帛(ポリエステル100%)、ニット( ポリエステル100%)  

材  質 中材

メッシュ( ポリエステル100%)、ビーズ(ポリスチレン、ポリエチレン重合体)

重              量 約1000g
  • クッション部分は発泡ビーズの中材3つから構成されています。
  • チャックを開け、ゆっくりと発泡ビーズの中材を抜き取ってください。
  • 発泡ビーズの中材を入れた後は、ビーズが偏らないようになじませてください。

洗濯方法

外袋の材質  布帛:ポリエステル100% ニット:ポリエステル100% 

中材の材質  ニット:ポリエステル100% 中材:ポリエチレン・ポリスチレン重合体

外袋は、洗濯用ネットに入れて業務用洗濯機で洗えます

中材は、ぬるま湯で手洗い。

 

消毒方法

外袋の材質  布帛:ポリエステル100% ニット:ポリエステル100% 

中材の材質  ニット:ポリエステル100% 中材:ポリエチレン・ポリスチレン重合体

外袋は、2通りの消毒ができます。

      1.熱水消毒可能:80℃10分間の熱水洗濯機が使用可能

      2.洗浄後、0.02~0.1%次亜塩素酸ナトリウム液に5~ 30 分浸漬して消毒し、すすぎ、乾燥。

中材は、洗浄後、0.02~0.1%次亜塩素酸ナトリウム液に5~ 30 分浸漬して消毒し、すすぎ、日陰干し。

注意事項

  • 本品は可燃性ですので、タバコなどの火気の近くでの使用は十分に注意してください。
  • 針やカッターナイフなどの、刃物や鋭利な物を本体に使用しないでください。

 

カタログダウンロードはこちら