あなたが口から食べられないのは、

3つの思い込みを信じているからです。

寝て食べると誤嚥する

医療分野では、「寝て食べると誤嚥する」とよく言われます。

どうしてですかと質問しても、習ったからとしか言ってくれません。

 

最近、のどの構造が可視化できる人体モデル「トラピス」ができて、真横になると誤嚥できない姿勢だと分かりました。

 

風邪から体調を崩され、急性期病院に緊急入院したその日から経鼻経管栄養となり、回復リハ病院でリハビリをしたが口から食べることなく退院し諦めていました。が、237日ぶりに完全側臥位で食べられました。それから、4~5か月後の食事風景です。

 

食後横になると誤嚥する

「胃・食道の飲食物が逆流するかもしれないので、食後2時間は横にならずに、椅子に座るようにしましょう。」とよく言われます。

本当でしょうか?

誰でもいいわけではないです。

ちょっと考えてください。

腹いっぱい食べることが仕事のお相撲さんは、食後すぐに横になります。

お相撲さんが誤嚥すると聞いたことはないです。

救命救急の回復体位は、容態が急変し胃から嘔吐物が出たとき、口から出す姿勢です。

完全側臥位で食事をとると、20分ほど回復体位で過ごしています。

 

回復体位
回復体位

30度仰臥位が安全

30年前に「食道は肺より後ろにあるから解剖学的に有利。」と言われ通説化している。

30度仰臥位は、「誤嚥しない」とは一言も言ってません。むしろ、誤嚥するリスクがあるので、口から食べられないと判断するときに使われています。

仰臥位姿勢(30度~60度)・座位姿勢は、絶えず誤嚥リスクのある姿勢です。

理由を知りたい方は、後で…

 

嚥下障害を疑う症状

 あなたやご家族様に最近次のようなことがありませんか?

  • 食事中によくむせる
  • 飲み込むのに苦労することがある
  • 飲み込んだ後も、口の中に食物が残っている
  • 固いものがかみにくくなった
  • 食事中や食後に、がらがら声になる
  • よく咳をする(夜間、咳込むことがある)
  • 食べる量が減った
  • 体重が減った(1ヶ月で5%以上、半年で10%以上)
  • 舌に白い苔のようなものがついている

どれか一つでも、当てはまるなら嚥下障害の恐れがあります。

 

 

誤嚥性肺炎を疑う症状

 

あなたやご家族様に以下の症状は見られますか?

  • 発熱
  • 激しい咳と汚い痰(黄色いタン)が出る 
  • 呼吸が苦しい
  • 肺に雑音がある 
  • 何となく元気がない、ボーっとしている、

誤嚥性肺炎の恐れがあります。

 

専門の病院での検査を考えてください。

 

 

あなたは、むせさせながら、食べさせていませんか?

あなたが知りたいのは、嚥下の一般知識ですか?

それとも、誤嚥性肺炎予防の具体的なアドバイスですか?

私は、「完全側臥位アドバイザー」の前田悟です。

介護分野で姿勢を変えるだけで、

  • 口から食べることができる
  • 唾液によるむせや咳込みをなくす

方法をお伝えしています。

  1. むせずに、口から食べる方法
  2. 口から食べられる可能性があるか知る方法
  3. 風邪をひいたときにこそ、誤嚥性肺炎の予防が必要
  4. 誤嚥できない「完全側臥位」の解説

などのビデオを見たくないですか?

下記フォームから、メール登録していただくと、

誰もが簡単に「むせずに口から食べられ、唾液誤嚥を予防できる」情報をお届いたします。

 

 


どちらの道を選びますか?


あなたは今、分かれ道にいます。

選択肢1

・今のまま、むせと誤嚥リスクを気にしながら過ごすのか。

 

選択肢2

・完全側臥位法のアドバイスを受けて、むせずに食べられる可能性を知る。

・ 誤嚥性肺炎を予防する6つの場面での対処方法を知る。

・喉の構造をしっかり理解し、口から食べることと唾液誤嚥予防を学ぶ。

・どなたでも全員が口から食べたり、唾液誤嚥ができるとは限りませんが、その理由が分かると心の準備ができます。

どちらを選択するかは、あなた次第です。

 

選択肢2

選択肢2を選び

完全側臥位を知りたい方は、下記のアドバイス希望をクリックしてください。

下記の動画が、無料で見れます。

  • 嚥下の仕組み
  • 誤嚥できないのど内部の仕組み
  • 誤嚥できない「完全側臥位」の解説
  • むせずに、口から食べる方法
  • 完全側臥位の姿勢調整方法
  • 風邪をひいたときにこそ、誤嚥性肺炎の予防が必要