横になって食べる無料研修申込

ご家族が唾液で苦しんでいませんか。

  • むせがひどくて寝られない。
  • 吸引してもすぐに、のどがゴロゴロなる。

むせがひどくて食べられない。

  • 胃ろうはさせたくない。
  • 本人の意識もしっかりしているから、口から食べられるのではないか。
  • 体重の減少が気になる。

急性期病院で入院中

首が後屈しいつも口が開いている。

体重が減り、もう危ないのではと。

口から、水、ゼリーを入れられ、むせたので口から食べられないと告げられた。

完全側臥位で嚥下治療

奇跡の回復

この完全側臥位は、誤嚥しにくい安全な姿勢で口から食べることと、唾液誤嚥の予防ができます。

完全側臥位を知っていただくためのセミナーになります。


食事中のむせの場合

例えば、食事中にむせたらリクライニング姿勢をとり、むせがひどくなると口から食べることを禁止されます。

その時でものどの立体構造を理解していれば口から食べられる可能性があります。



多くの方が知らない【完全側臥位法】

真横になって食べる完全側臥位法は、むせがひどく食べることを禁止された方の6~7割の方がむせない姿勢で食べられています。

この姿勢を使って唾液誤嚥予防をしています。

残念ながら、従来の方法と違うことで専門学校での教科書に載っていません。経管栄養や吸痰のガイドラインに載っていません。

 

のどの構造を理解し、唾液を肺に入れない姿勢をとることで誤嚥性肺炎による発熱を予防することができます。

 

 

上の内容に当てはまらなければ、完全側臥位で食べられる可能性があります。

完全側臥位法を用いた横になって食べる無料研修に参加されませんか?

 

お申し込み

都合のつく日時を申し込みください。

申込日時の確認後、Zoom研修URLをメールで送ります。


希望日と時間のチェックと必要事項を記入して、送信してください。

メモ: * は入力必須項目です