会社案内

誰もが楽しい食事を

株式会社甲南医療器研究所 

代表取締役 前田悟

・平成19年4月~平成26年3月 企業派遣により、兵庫県立福祉のまちづくり研究所の非常勤研究員として、高齢者や摂食嚥下障害者に対する食事支援機器の研究開発を行う。

 最も多く取られている誤嚥予防姿勢の頚部前屈姿勢は、明確な基準がないため再現性がなく毎回同じ姿勢が作れないことが問題です。だれがやっても同じ安全な頚部前屈姿勢を作ることを目的に研究開発を行った。

 

 頭頚部調整装置(イージースワロー)は、ベッド上で顎引き姿勢の頚部前屈が自在にできる画期的な商品と藤島先生が仰ってくださり、イージースワローと名付けていただきました。しかし、研究チーム以外の医療機関に持ち込むと、微妙な調整がいつまでもできるので、【飲み込める頭頸部姿勢はこれだ】と、だれも自信をもって調節できないことが分かった。頚部前屈姿勢に明確な基準がないことを再確認させられる結果となった。

 このことがきっかけで、頚部前屈を再現することで誤嚥を防ぐ考え方をやめようと決心した。摂食嚥下との関りをやめようと考えていた時に、横になったら誤嚥せずに食べられる「完全側臥位法」を教えていただき福村直毅先生と知り合った。

 

完全側臥位法との出会い

健和会病院での見学

 2015年初冬、長野県飯田市にある健和会病院へ見学に行きました。診察室で完全側臥位で診察しながら、ご家族に経過を話されたり、病棟では完全側臥位で内視鏡検査をしたり、その場で詳しく説明していただきました。

 病院から出た瞬間にハンマーで頭を打たれた衝撃が走ったことを覚えています。また、得も言われぬ脱力感と今まで何をしてきたのかと後悔の念がこみ上げてきました。

 

 その後、福村先生の指導の下、完全側臥位の普及のためのホームページ(https://www.easyswallow.jp/)を作成、完全側臥位をしっかりとれるサポート商品の開発、完全側臥位を学習できる教育DVDを作成。

 

大きな壁と深い溝が前に立ち塞がっている。

医療従事者は、横になって食べるなんて聞いたことない、学校で習っていない。という常識の高い壁があった。

ご家族には、説明する医療従事者がほとんどいないので情報が届かない深い溝があった。

2020年ごろから医療分野での認識が変わりつつあるのがわかる。

ただ、コロナのため医療従事者による実地研修などの普及が出来なくなっている。

 

誰もが安全に楽しく口から食べられる人生を全うするには、

・医療従事者に正しい完全側臥位法の理論を伝える。(大きな壁を乗り越えるため)

・ご家族に安心して食べられる道具と情報を伝える。(深い溝を埋めるため)

その手段として、本サイトから情報発信します。

 

ミッション


● 横になって食べられる完全側臥位法を伝えることとサポート商品の提供

 

今、口から食べられないと身体が元気でも死を待つしかない高齢者が増えています。

理由は、口から食べると誤嚥するからです。
口から食べられなくなると栄養を取る選択肢は、


・胃瘻(お腹に穴をあけ直接胃に栄養を入れる方法)

・経鼻経管栄養(鼻からチューブを入れ胃に栄養を入れる方法)

・中心静脈栄養(中心静脈から栄養を入れる)

・末梢静脈栄養(末梢静脈から栄養を入れる)


延命治療をしないとの理由で、中心静脈栄養から末梢静脈栄養と徐々に栄養摂取量を落としていきます。

口から食べたいと切望しても、食べさせてくれません。

口から食べられないと診断された方でも、完全側臥位になれば7割ぐらいの方は食べられています。

しかし、日に日に痩せていき、1ヶ月が過ぎ、2ヶ月、3ヶ月それからお電話をいただくご家族が多いです。本当に口から食べられなくなっておられる方も多いです。

 完全側臥位法を取り入れていない病院の方が多いのと、知らない医療従事者が圧倒的に多いのが現状です。

  



サポート商品の提供が弊社の役割です。

  姿勢 どのような方が使用している 症状 サポート商品 関連ページ

・飲み込むのに時間がかかる

(嚥下反射惹起遅延)

水分でむせる

 

ガラガラ声がする

ふたこぶラックン

ピタットくん90ワイド

回復体位クッション

完全側臥位法支援DVD

食事中の誤嚥予防

・喉に食べ物が残る

(咽頭残留)

やってみよう完全側臥位法

・食材を安全に保てない

(喉頭堤防機能障害)

完全側臥位法のすすめ

唾液や鼻汁が多いとき

唾液誤嚥に気をつけている

胃瘻や経鼻経管で注入している

吸引を頻繁にしている

唾液でむせる

 

回復体位クッション

ピットくん90ワイド

回復体位クッション

(唾液を肺に入れない)

 

 


● 会社概要

会社名 株式会社甲南医療器研究所
所在地 653-0032 兵庫県神戸市長田区苅藻通2-7-6
連絡先 Tel.078-651-3819
  Fax.078-330-1132   
  Email. info@easyswallow.jp
設立 2010年5月10日
資本金 300万円
代表者 代表取締役 前田悟(まえださとる)
事業内容 1. 医療機器の製造、販売、及び付属部品の製造及び販売
  2. 理化学機器の製造、販売、及び付属部品の製造及び販売
  3. リハビリテーション機器の製造、販売、及び付属部品の製造及び販売
  4. 前各号に付帯する一切の業務


● 会社沿革

 
1965年 4月 創立 甲南医療器研究所
  大学等研究機関の実験機器を製作 リハビリテーション機器の開発を始める
2010年 5月 株式会社アクティブバイオ設立
2012年 8月 株式会社甲南医療器研究所に商号変更
2012年 10月 第15回  KOBEドリームキャッチプロジェクトN-KOBE認定
   「高齢者・摂食嚥下障害者に対する誤嚥予防枕の提供システム」
2013年 9月 第16回  KOBEドリームキャッチプロジェクト認定
  「病院と在宅・施設をつなげるオーダーメイド嚥下枕の提供」
2013年 12月 池田泉州銀行 ニュービジネス助成金”地域起こし”優秀賞受賞
  「高齢者・摂食嚥下障害者が口から食べられる嚥下枕の提供システム」
2015年 9月 誤嚥予防枕「イージースワロー」販売
2015年 9月 頭頸部クッション「VF-FITクッション」販売
2015年 11月 シムス位ピロー販売
2016年 1月 完全側臥位支援クッション「ピタットくん90」販売
2016年 5月 誤嚥予防枕「イージースワロー3045」販売
2016年 6月 小児用固定クッション「マザーハグ」販売
2019年 6月 「ふたこぶラックン」譲渡
2020年 11月 医療・介護従事者向けのZoomセミナーを始める
2021年 2月 「完全側臥位法の理論と実践をサポート入門DVD」販売開始

2021年 4月

2021年11月

「エッセンスノートサポートDVD」販売開始

「嚥下障害治療革命DVD」販売開始 毎月15日発売