唾液を肺から遠ざける 回復体位クッション

むせない誤嚥(不顕性誤嚥)を防ぐには唾液を肺に入れない姿勢が有効です。
むせない誤嚥(不顕性誤嚥)を防ぐには唾液を肺に入れない姿勢が有効です。

年間12万人の方が肺炎で亡くなられています。

9割が65才以上の高齢者です。

 

唾液は体温と同じでダラダラと喉に流れていき、喉の奥でむせる感覚を阻害していきます。また、嚥下反射の感覚も阻害されむせない誤嚥が起こります。

 

どういう時に起こるのでしょうか。

、、、、

、、、、、

実は寝ている時が一番多くなります。

喉の内部を見えるようにした生体モデル(トラピス)で説明します。

知っているようで知らないことに、胃につながる食道は普段閉じています。喉に溜まった唾液すら食道に流れません。

仰向けで寝ていると口から唾液は、喉に流れていき気管の入り口周辺に少ししかたまりません。その量を超えると気管に流れ込み、むせなければ誤嚥します。

唾液の他にも鼻水も体温と同じでむせと嚥下の感覚を鈍らせむせない誤嚥の原因になります。

むせない誤嚥の予防方法は、唾液や鼻汁を肺に入れないようにすることです。

 完全側臥位になると、下のように気管の入り口(声門)より低い所に1520cc貯まります。この状態から、枕を低くし、口元を下向きにすると喉に溜まっている唾液や鼻汁は肺から遠ざかるように口に向かい頬に溜まる量を超えると口から流れ出します。 

唾液を肺から遠ざける回復体位

これが、唾液誤嚥予防の姿勢 「回復体位」です。

体に楽な回復体位は、肩と肘を平行にすることにより、胸が張り(胸郭が開き)呼吸がしやすくなります。大転子(骨盤)と膝、踵を平行にすることにより体のねじれが防げます。

 肩と肘の高さを平行に、腰と膝と踵を平行にすると呼吸がしやすく身体がねじれず安定します。
肩と肘の高さを平行に、腰と膝と踵を平行にすると呼吸がしやすく身体がねじれず安定します。

上肢を乗せる幅は広く腕を自由に置くことができます。

下肢を乗せる幅も広く足を曲げても太もも、ふくらはぎと乗せるられます。

 

腕を乗せられる。曲がった足も乗せられる。幅が広い。
腕を乗せられる。曲がった足も乗せられる。

また、男性と女性では肩幅に差があるので、小袋の出し入れで上肢の高さを調整できます。

 


回復体位の体験談