高齢者の咳き込みには肺炎以外の別の理由があった?!

咳や痰でお悩みの高齢者のみなさん、もしくは、お年寄りの介護を行っているご家族のみなさん。「高齢者の咳や痰に違和感がある・・」と思った経験はありませんか?
お年寄りの咳の原因となっているのは、風邪や肺炎だけではありません。急性気管支炎や慢性気管支炎など、他にも様々な病気があります。では、これら病気はどのような症状が現れるのでしょうか?
こちらでは、その急性気管支炎と慢性気管支炎についてご紹介していきたいと思います。

急性気管支炎

急性気管支炎とは、ウイルス感染症の一つです。
呼吸器に慢性的な病気を抱えている人や、急な発熱、痰の増加が起こった場合は、ウイルスと細菌の影響だということを認識しておく必要があります。
とくに高齢者の場合は、咳・痰・発熱の症状が出ていると肺炎を疑う方も多くいらっしゃいますが、急性気管支炎の場合も同様の症状が現れますので、「吠えるような咳が長く続く」「痰が長く続く」「黄色い痰がある」といった場合には、細菌による急性気管支炎を疑い、専門の医療機関へ受診することをおすすめします。これら咳や痰の症状は、医療機関で治療法を判断する際に最も重要な症状ですので、痰や咳の状態を十分に理解しておく必要があります。

慢性気管支炎

男性の高齢者に最も多く、冬の間約数ヶ月、咳や痰が続き、比較的粘り気のある痰が症状としてみられます。おもな原因は、加齢や喫煙、有害物質などが考えられていますが、今のところ確かな原因は分かっておりません。治療は、抗生物質の長期投与が中心となります。
炎症が強い場合は、高熱が出て肺炎になってしまう危険性もありますので、高齢者の「咳」「痰」「息切れ」の症状には十分にご注意下さい。また、睡眠や栄養状態もしっかり観察し、専門の医療機関にその旨伝えるようにしましょう。
慢性気管支炎と診断された場合は、「禁煙」「適度な運動」「風邪予防」にも力を入れていきましょう。

弊社では、寝たきりのお年寄りに最適な介護枕をご紹介しております。
誤嚥予防用の介護枕として介護事業者や、在宅介護をされているご家族に大変注目を浴びている商品となっております。角度調節も手軽に行うことができますので、咳き込みやむせを手軽に防止することができます。
これまで、お年寄りの食事中のむせや咳き込みに不安を抱いていたみなさんは、是非ご活用下さい。

夜間の咳き込みやむせには側臥位が有効です。側臥位支援クッション「ピタットくん90」は

こちらをクリックしてください。

あなたの悩みは何ですか?

 

口から食べられないことですか?

唾液でむせて食べるのが辛いことですか?

 

完全側臥位を試してみたいけど、怖いことですか

周りに完全側臥位を知っている人がいないことですか?

もっと具体的に完全側臥位を知りたいことですか?

ご家族が口から食べられるか、知りたいことですか?

完全側臥位を学ぶ2つの方法でサポートいたします。

 

1、「完全側臥位アドバイザー」が、自習の手助けをいたします。

・嚥下障害と誤嚥性肺炎のチェックシートを使って、セルフチェック。

・完全側臥位を理解するための5つの動画による学習

  1. 嚥下の仕組み
  2. 誤嚥できないのど内部の仕組み
  3. 誤嚥できない「完全側臥位」の解説
  4. むせずに、口から食べる方法
  5. 風邪をひいたときにこそ、誤嚥性肺炎の予防が必要

・メールで相談を受けたり、情報をお伝えしあなたをサポートいたします。

 

2、【誤嚥性肺炎予防・口から食べる】オンライン研修に参加

なぜ完全側臥位なるとむせずに食べられることができるのか。

誤嚥性肺炎の大半を占めるむせない誤嚥(不顕性誤嚥)の仕組みを伝えます。

食べることと誤嚥予防を両立できなければ、誤嚥性肺炎は繰り返します。

口から食べて人生の喜びを噛み締めて人生を全うする考え方をお伝えします。

 

オンライン研修は、参加者に応じて適宜内容を変更して、参加者に必要な知識と情報を伝えます。

また、わかる範囲ではございますが、質問や相談も時間の許す限りお答えいたします。

研修内容の一例

・嚥下の仕組みを知る 

・どのような時、口から食べることを禁止されるのか

・仰臥位と完全側臥位での喉内部の比較 

・内視鏡動画で色々な嚥下を見る 

・透明咽頭モデル「トラピス」で、のどの立体構造を理解 

・風邪など日常生活で気を付ける

 

 

3つの扉

あなたは、3つの扉の前にいます。

1つ目の扉は、何も変えない扉です。

この扉を開くと、完全側臥位を封印し、今のまま時間を過ごす。

「一口でもいいから、水を飲みたい。」を聴き続ける。

生活を変えない扉です。

 

2つ目の扉は、「完全側臥位アドバイザー」が、自習の手助けをする扉です。

チェックシート、5つのビデオから、自分一人で試してみることです。

メールでアドバイスを受け自分で考える扉です。

 

3つ目の扉は、オンライン研修を受け、相談しながら考える。

多くの方が受けた【誤嚥性肺炎と低栄養を防ぐための姿勢研修】をもとに作成したオンライン研修に

日本全国どこからでも参加しませんか。

 

どの選択肢を選ぶかは、あなたの考え次第です。

2週間後、1ヶ月後の状態を想像してください。

体力の低下。気力の低下。認知症の進行など、状況が悪化してからだと 

現状より難しい状況になっているかもしれません。

2つ目と3つ目の扉を開くことを考えているなら、今直ぐ行動することをお勧めいたします。

 

2つ目の扉を開き、完全側臥位で現状を変えたいと考えたなら、今すぐにこちらをクリックして下さい。

 

2つ目の扉は、こちらをクリックして下さい。

3つ目の扉は、こちらをクリックして下さい。

2つ目と3つ目の扉を開く方には、

「完全側臥位アドバイザーの前田悟が

全力でサポートいたします。