あなたやご家族は、むせて口から食べられなかったり

水分も口からとるのを禁止されて、悩んでいませんか?

完全側臥位(かんぜんそくがい)なら、口から食べられるかもしれません。

症状では

1.     水分でむせたりする。

2.     がらがら声がする。

3.     飲み込んでも食べ物が残る方

 

完全側臥位で日常生活が変わります。

 

・食事中の誤嚥(ごえん)を予防できる。

・飲食物がのどにたくさん貯められ、飲み込みやすくなる。

・一回の嚥下(えんげ)で飲み込める量が多いので、口からの栄養が多く取れる。

・口から食べていない期間が長くても、誤嚥リスクが少ないので安全に食べる訓練ができる。

 ・胃より上に口があるので、胃から飲食物が逆流しなにくい。

 ・嘔吐しても口から直ぐに吐きだせる。

 

姿勢を変えてみてください

座位や仰臥位でむせたり、ガラガラ声がし出すと姿勢を変えることを考えてみてください。

横向きになって、むせやガラガラ声がなくなると口から食べられる可能性が高いです。

まず、

・とろみ水で飲み込めるか。 次に

・ヨーグルトが飲み込めるか。 次に

・ペースト食と食形態を変えてみてください。

途中でガラガラと鳴りだすと口から食べさせるのはやめましょう。

しっかりとろみ水で喉に溜まった物を飲み込んでください。

 

自宅でできる完全側臥位(かんぜんそくがい))とは

完全側臥位の姿勢
完全側臥位の姿勢

完全側臥位とは、横向きになりベッド面に対して、両肩を結んだ線が垂直になる姿勢です。この姿勢では、左右どちらかの首の側面が真下になり、口から食道までの食材の流れを、重力を利用し首の側面に流すことができ、

 飲食物が気管に入らないので、食事中に誤嚥しません。


ふたこぶラックンの使用
ふたこぶラックンの使用

姿勢保持ポイント

・首の側面が真下に保持できるようにすること。

   ・背中側へは崩れさせない。

   ・肩のラインと骨盤が垂直に保てるように整える。

   ・枕は顔を上向きにした状態を保てるようにする


30度仰臥位(ぎょうがい)の事実

30度仰臥位では咽頭(いんとう)背面に食物の貯まる場所がなく、梨状窩(りじょうか)に3㏄ほど溜まる。


完全側臥位はなぜ誤嚥(ごえん)しない

完全側臥位になると咽頭(いんとう)側壁から梨状窩(りじょうか)にかけて20㏄ほど溜まる。



のどに食べ物が誤嚥(ごえん)しないで貯まる量の比較

完全側臥位は、従来の仰臥位と比較すると

飲み込む前後に飲食物が、誤嚥しない安全な場所たくさん貯められます

 

              


・咽頭側壁(首の側部)に沿った空間は、声門(気管の入り口)より下側に広がり誤嚥しない空間になる。

・舌を超えたところから梨状窩(りじょうか)まで繋がった空間であり、1520㏄ほど貯められる。仰臥位(ぎょうがい)では梨状窩(りじょうか)や喉頭蓋谷(こうとうがいこく)などに3㏄ほどしか貯められない。

 

完全側臥位の優位性

・飲み込み前後の誤嚥を予防できる。

・飲食物がたくさん貯められ、嚥下反射が起こりやすくなる。

・一回の嚥下で飲み込める量が多いので、口からの栄養摂取量が多く取れる。

・安全に食べる訓練ができる。

 ・胃より上に口があるので、胃から飲食物が逆流しない。

 ・嘔吐しても口から直ぐに吐きだせる。

 

症状では

1.     水分でむせたりする。

2.     がらがら声がする。

3.     飲み込んでも食べ物が残る方

仰臥位では、誤嚥リスクが高いので、 口から食べることを禁止される理由です。


完全側臥位の作り方

完全側臥位で食事をするときの注意点を4つのビデオで紹介します。

  1. 完全側臥位の姿勢調整方法 完全側臥位支援クッション(ピタットくん90)の調整
  2. 頸部回旋の調整方法 ふたこぶラックンの調整方法
  3. 自分で食べる(自力摂取)ときの注意点
  4. 食事介助する時の注意点

 

自宅ではベッドの置く場所によって、動画のようにうまくいかないこともありますが。

基本をしっかり身に付けてください。


1.完全側臥位の姿勢調整方法 完全側臥位支援クッション(ピタットくん90ワイド)の調整

 3分36秒

 

ベッド上で、仰向けから完全側臥位にするときの注意点を説明しています。

  • 膝の立て方
  • 腰の引き方
  • 腕の位置
  • 足の位置 など患者さんと介助者の負担が少なくなる方法を丁寧に説明しています。
  • 完全側臥位クッション(ピタットくん90ワイド)の調整方法を説明しています。


2.頸部回旋の調整方法 ふたこぶラックンの調整方法

2分45秒

 

頸部回旋で飲み込める症状

  • 口腔期からの送りこみが不十分な方
  • 咽頭残留が多い方
  • 食道入口部の開きが悪い方
  • 頸部回旋を安定させるふたこぶラックンの使用説明


3.自分で食べる(自力摂取)ときの注意点  2分55秒

片麻痺でも動く腕を上にすれば、自分で食事が取れる方法です。

健側側(麻痺のない方)を下にする健側傾斜姿勢の場合、自分では食べられません。

 

最後に、咽頭側壁に溜まっている食材を水またはとろみ水に置き換えるフィニッシュ嚥下をして下さい。



4.食事介助する時の注意点

3分6秒

完全側臥位で、食事介助をするとき介助者が患者さんに対して45度の位置に座ると、口の中が見やすく食べさせやすくなります。

 

最後に、咽頭側壁に溜まっている食材を水またはとろみ水に置き換えるフィニッシュ嚥下をして下さい。



 

横になれる場所が確保できれば

フラットなベッド上

背もたれをフラットにして、リクライニング車いす上で

 

食べられます。


 

・麻痺(まひ)がないほうの手で食べられ方もいます。

15㏄~20㏄(大さじ)ぐらい口の中に入れても誤嚥しません。

・横向きに寝ているので疲れません。

・誤嚥しないでたくさん食べられます。

※食後に水またはとろみ水で貯めている食材を飲み込んでください(フィニッシュ嚥下)。

 

 

残留物を取り除くフィニッシュ嚥下について


完全側臥位法を実施するにあたって、食後に必ずフィニッシュ嚥下をして下さい。

 

気管の入り口周辺に貯まっている食材を水やとろみ水など誤嚥リスクの少ないもので食道へ流し込むことをフィニッシュ嚥下と呼んでいます。

 

フィニッシュ嚥下をなぜするのか福村先生がブログで解説されています。内容は下記の通りです。

 

 

完全側臥位法を導入する時の質問で

「フィニッシュ嚥下で水分を飲み込むときに誤嚥しないか不安です。」と質問されます。

フィニッシュ嚥下は、心配されているとおり残留した水分は誤嚥される可能性があります。

ではなぜわざわざフィニッシュ嚥下をするのか?

 

はじめに知るべきは、嚥下反射は再現性が高く、咽頭収縮(いんとうしゅうしゅうく)が弱いところは常に何かが残りうるということです。

ヒトは常に唾液や鼻汁を咽頭に流し込んでいます。つまり収縮不良部分に唾液や鼻汁が常に残留していることに対してどうするか、ということです。

 場合分けをしましょう。

 

① 何も食べていない場合・・・鼻汁、唾液による汚染

② 食べた場合・・・食材

③ フィニッシュ嚥下した場合・・・とろみ水

 

なにも残留していない、という選択肢がありません。この①から③で何を選びますか、という問いになるのです。

 完全側臥位法以外でも、食材の残留があり取り除くためにフィニッシュ嚥下を行っています。

 一 般に、咽頭残留除去として行われている方法にゼラチンスライス摂取法があります。ゼラチンスライスの摂取は、嚥下反射惹起(えんげはんしゃじゃっきちえん)が遅れる方では誤嚥リスクが高く なりますのでご注意ください。また食道入口部開大不全(しょくどうにゅうこうぶかいだいふぜん)が強い方の場合は、つよいとろみ水で残留が増加しますので、症状に合わせてとろみ水、水、ゼラチンを使 い分ける必要があります。症例数が多いのは嚥下反射惹起遅延を主体とした偽性球麻痺ですので、特殊な環境、例えば頭頸部外科病棟などを除けばとろみ水を使 うことが多くなるでしょう。          


あなたの悩みは何ですか?

完全側臥位の学習をサポートいたします。

【誤嚥性肺炎予防・口から食べる】オンライン研修に参加

なぜ完全側臥位なるとむせずに食べられることができるのか。

誤嚥性肺炎の大半を占めるむせない誤嚥(不顕性誤嚥)の仕組みを伝えます。

食べることと誤嚥予防を両立できなければ、誤嚥性肺炎は繰り返します。

口から食べて人生の喜びを噛み締めて人生を全うする考え方をお伝えします。

 

オンライン研修は、参加者に応じて適宜内容を変更して、参加者に必要な知識と情報を伝えます。

また、わかる範囲ではございますが、質問や相談も時間の許す限りお答えいたします。

研修内容の一例

・嚥下の仕組みを知る 

・どのような時、口から食べることを禁止されるのか

・仰臥位と完全側臥位での喉内部の比較 

・内視鏡動画で色々な嚥下を見る 

・透明咽頭モデル「トラピス」で、のどの立体構造を理解 

・風邪など日常生活で気を付ける

 

 

オンライン研修を受け、相談しながら考える。

多くの方が受けた【誤嚥性肺炎と低栄養を防ぐための姿勢研修】をもとに作成したオンライン研修です。

日本全国どこからでも、参加しませんか。

 

オンライン研修に参加するかは、あなたの考え次第です。

2週間後、1ヶ月後の状態を想像してください。

・体力の低下。

・気力の低下。

・認知症の進行。

・先の見えないリハビリを続けるなど、

状況が悪化してからだと、現状より難しい状況になっているかもしれません。

気になることがあれば、今直ぐ行動することをお勧めいたします。

 

 

オンライン研修について詳しくは、こちらをクリックして下さい。