飲み込みラクラク 嚥下(えんげ)障害お助け枕

 

食事中に 

あなたやあなたのご家族は

次のことで悩んでいませんか。

  • 水分でむせる、声ががらがらする
  • 声がかすれる、一息で出せる音が短い
  • 食事だけでなく唾液も飲めない
  • 水分は飲めるが固形物は飲めない
  • 逆流の自覚、嘔吐、慢性の咳、喉の痛み。胸やけ
  • 口が閉じず食事が口から出てしまう
  • 口を閉じてしまい食べられない
  • いつまでも口に溜めている

これらは座位や仰臥位での姿勢で見られる症状です。横向きになる完全側臥位ではむせずに、がらがら声もなく食べられる方が多くいます。

 

完全側臥位(エッセンスノート抜粋)
完全側臥位(エッセンスノート抜粋)

 福村直毅医師は、2007年に鶴岡協立リハビリテーション病院在職中に完全側臥位法を発見し、治療に導入し鶴岡市では肺炎死亡率が低下しました。2015年に健和会病院に移り、長野県飯田地区を中心に最新の嚥下治療が全国に広がっています。

 

完全側臥位と喉のようす

完全側臥位では声門より下の咽頭側壁に食塊がたまり誤嚥しない。
完全側臥位では声門より下の咽頭側壁に食塊がたまる。

 声門の先に気管があり、飲食物が気管に入ることを誤嚥といい、誤嚥性肺炎になる恐れがあります。

 完全側臥位になると気管より低いところに沢山ためられ、嚥下反射が起こるまで重力によって気管に入ることはない。

 

重度の嚥下障害者にとって

飲み込むまで誤嚥しない安全なところに食物を溜めておくことは重要です。

そのために考えられた枕が「ふたこぶラックン」です。

障害に応じて、

  • 頭側を高くしたりします。
  • 頭側を低くしたりします。
  • 食材を口から喉に送り込みにくかったり、
  • 食道の入り口を広げたりするために頭部を回旋させたりします。

頭頚部の高さや傾きを調整し、食事中安定させ疲れないで食べられるように考えられました。

 

 後頭部から頬にかけて三角形と長方形のビーズ枕が支えます。

三角形と長方形枕の下にタオルを巻き込む。タオルに頭の重みがかかることで2つの枕を引き寄せ、頭部が固定します。


完全側臥位とふたこぶラックンの調整方法

1.完全側臥位の姿勢調整方法 完全側臥位支援クッション(ピタットくん90)の調整

 3分36秒

ベッド上で、仰向けから完全側臥位にするときの注意点を説明しています。 

 

  • 膝の立て方
  • 腰の引き方
  • 腕の位置
  • 足の位置 など患者さんと介助者の負担が少なくなる方法を丁寧に説明しています。
  • 完全側臥位クッション(ピタットくん90)の調整方法を説明しています。

2.頸部回旋の調整方法 ふたこぶラックンの調整方法

2分45秒

 

頸部回旋で飲み込める症状

  • 口腔期からの送りこみが不十分な方
  • 咽頭残留が多い方
  • 食道入口部の開きが悪い方
  • 頸部回旋を安定させるふたこぶラックンの使用説明


 

 

自分で食べられる方も頭が安定して食べやすくなります。


ふたこぶラックンの取扱について

 

■サイズ:

36cm50cm

(コブの間のサイズはバンドで調整できます。)

20cm

高さ(小さいコブ)9cm(高いコブ)20cm

■材質:

枕カバー ポリエステル100%

タオル ポリエステル85%、ナイロン15

■洗濯方法:

枕本体は洗濯できません。

カバーを外し、カバーのみお洗濯をしてください。

【枕カバー】

・中性洗剤を使用し、30℃の水で弱い手洗いをしてください。

・漂白剤は使用できません。

・ドライクリーニングが可能です。

・低温であて布をしてアイロン掛けをしてください。

【タオル】

・ネットを使用し、40℃の水で弱水流にて洗濯してください。

・漂白剤は使用できません。

・日陰干しで乾かしてください。アイロン掛けはできません。

■使用上の注意:

・火気に近づけないでください。

・長時間汗や水にぬれたり、浸けたままにしますと他のものに色移りすることがありますのでご注意ください。

・洗濯の際、色落ちすることがありますので他のものとのお洗濯はお避けください。

・本来の用途以外には使用しないでください。

 

※本姿勢の効果は、嚥下造影検査下で医師が判定することが望ましいです。

 

また、上記の姿勢を調整しても、必ずしも誤嚥しないわけではございません。

 

 

※病状や症状により完全側臥位でも食べられない方はおられます。

お試しはこちらをクリック

 

 

ふたこぶラックンのご注文はこちらをクリック