車椅子メーカー様にききたい!

どうしてすきまを埋めないのですか?

リクライニング車椅子・ティルト車椅子は背中を倒すことを目的に作られています。

  • 背中を倒していくと、5kg近くある頭を首が支えます。
  • 接しているのは背中の一部と後頭部の一部。それ以外は隙間だらけです。
  • 首が疲れています。

 

● 首の疲れを解き放とう!

 

リハビリの専門家(セラピスト)は、背もたれを倒したときどこを見ていると思いますか?

首の筋肉が緊張しているかどうかです。

  

苦労しています

  • 枕が合わないので、タオルを枕と頭の間に入れている
  • 付属の枕を外し市販の大きめの枕をひもでくくって取り付けている
  • 体がずれるたびに枕を調整している
  • つらそうに見えるが、10分ぐらいの移動なので、そのままにしている
  • 安楽な頭頚部を職員に周知するのが難しい
  • 首の緊張をとる目的と方法を伝え実施し定着させるのが難しい

 

● どうして首が疲れるの

  • 枕の形状が頭頚部にあっていない。
  • 背を倒していくと、頭を支えるために肩甲骨から首にかけて多くの筋肉が働く。
  • 筋肉の緊張をゆるめるための肩甲骨から首、後頭部にかけて支える枕がない。
  • 頭の形状は人それぞれであるため、なかなかフィットさせるのは難しい。

今の付属枕の特徴

  • 背中を倒したときに、肩甲帯から頚部、後頭部に隙間が生じる。
  • 背中を倒す角度によって、頭の高さを変えれない。
  • 背中を倒す角度によって、頭の高さを変えるのがめんどくさい。
  • リクライニング車椅子やティルトリクライニング車椅子の種類が多く、付属枕の形状が異なる。
  • ティルトリクライニング車椅子の場合、ヘッドレストをねじで調整するタイプが多く、頚部の隙間はそもそも空いており隙間をうめる発想がない。
  • ウレタンなど変形しにくい素材が使われているので、後頭部に隙間が生じる。

これらの悩みをVT-FITクッションは解決します。

  1. VF-FITは、ビーズが適度に動き肩甲骨から首、後頭部にかけて車椅子との隙間を埋めます。
  2. リクライニング車椅子、ティルト車椅子付属の枕の上から被せるだけ。
  3. メーカー、機種を特に問いません。

付属のヘッドレストに取り付けるだけで肩甲帯から首、後頭部の隙間をうめます。

ヘッドレストのくぼみにビーズがいい感じに収まり崩れにくくなります。

● 利用者の声


特定医療法人防治会きんろう病院 言語聴覚士
 山﨑正啓様

 

購入時、商品レビューではリクライニング車椅子での装着例が示されていましたが、今回、担当させて頂いている方の車椅子はチルトリクライニング車椅子であり、装着出来るか不安でした。

以前は、ヘッドレストにタオルやクッションを挿入していましたが、患者様の頸部の適切な角度を保つことが困難でした。VFFITクッションをヘッドレストに装着するとクッションのバックルで長さ調節が出来るため、患者様の肩甲帯から頸部までの空間を埋める事ができ、顎引き位で食事介助が行えています。当商品の使用後からは発熱なく安定して経口摂取が行えております。

また、身体に触れる部分は抗菌加工や両サイドにタオルを固定出来る留め具があり、汚染に対しても工夫が行き届いた商品となっています。

 

これからも、甲南医療器研究所様のVFFITクッションを使用していきたいと思います。

 

特別養護老人ホームでも使用されています


肩甲帯から頚部、後頭部の隙間を

うめる工夫の紹介!!

1.サイズ

 

 

VF-FITクッションのクッション部は、横400mm×縦320mmあります。

ちょっとした枕の大きさです。

頭頸部をしっかり受け止めれる広さがあります。

2.頭部のボリューム調整 

左右のひもを縮めて、ボリューム調整

左右にあるひもを縮めると

高さが90mmから150mmに変わります。

可変式のヘッドサポートでは、レバーやネジで調整していたところです。

 

 

左右のひもを引っ張るとクッションの縦方向が短くなり厚みが増し頭を乗せる高さが調整できます。

 

 

 

3.簡単取付


付属枕は取り付けたままで、リュックサックのようにして、リクライニング車椅子の背もたれに簡単に取り付けられます!!!

ティルトリクライニング車椅子の場合、付属枕に引っ掛けVF-FITの下部が本体の背面にかかるまで当てると隙間をうめる効果があります。

付属枕のくぼみが、VF-FITのビーズをある程度制限するので頭がより安定できます。

 

 

 

 

裏面のアジャスター付き取付ベルトを利用し、

リュックサックのようにして、リクライニング車椅子の背もたれに簡単に取り付けられます!!!

 

 


 


4.汚れ防止


汚れ防止用タオルが、便利なフィッシュクリップで、ワンタッチで取り付けられます。

 


 

 

VF-FITクッションは、

  • 背もたれが延長したタイプのリクライニング車いす
  • ヘッドレストの位置をねじで調整するティルトリクライニング車いすに適しています。

 

VF-FITクッション取付に適した車いすタイプ

 VF-FITクッション取付に適した車いすタイプ

 VF-FITクッション取付に適した車いすタイプ


 

VF-FITクッションは、カワムラサイクル様の「くるーん」にカワムラサイクル仕様で標準装備されています。

 

● 注意事項

  • 針やカッターナイフなど、刃物や鋭利な物を本体に使用しないでください。
  • 本品は可燃性ですので、タバコなど火気の近くでの使用は十分に注意ください。

 

VF-FITクッション仕様 VF-FIT

サイズ(mm)  幅480×奥行き500×高さ90~150

材     質  表生地/抗菌ビニールレザー(MRSA,大腸菌、黄色ブドウ球菌など)、耐アルコール機能(ベンジン・エタノール)

          裏生地/ナイロン81%、ポリウレタン19%

          ビーズクッション/ポリスチレン・ポリエチレン重合体

重     量  500g

TAISコード   01630-00002    

 

● VF-FITが体験できる展示場

東京都

  • シルバープラザ梅若 福祉機器展示室

愛知県

  • なごや福祉用具プラザ

三重県

  • みえテクノエイドセンター

兵庫県

  • 福祉のまちづくり研究所 家庭介護・リハビリ研修センター/福祉用具展示ホール

カタログダウンロードはこちらをクリック

新感覚のビーズヘッドレスト

VF-FITクッションのご注文はこちらから